ハッピー髙橋の汚い机から!

浮かれボーイハッピー髙橋が汚い机の上で生み出す作品たちを発信していきます!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


“あなたのインスピレーションやイマジネーションを抑えてはならない。模範の奴隷になるな。



Do not quench your inspiration and your imagination; do not become the slave of your model.




フィンセント・ファン・ゴッホ








ニイハオ!






1.png 








グリザイユを学び、創作意欲がとどまるところを知らないハッピーです(*^_^*)



絵を描いていないと落ち着かない!
絵を描いているときが幸せ!


素晴らしい状態です。


これで好きな人をモデルに絵なんてかいたら幸せ死にしそうです。














今日紹介する絵は、グリザイユの講座を受ける前からチョコチョコと描いているものです。







インスピレーションは、かなり前の事になりますが2月に行った中国旅行で降りてきました。

(インスピレーション温めすぎ・・・)





深圳と、香港に行ってきました~



Map-zg_450.jpg 




深圳市は、香港の新界と接し、経済特区に指定されている中国屈指の世界都市である。


2010年の近郊を含む都市的地域の人口は1,447万人であり、世界第15位である。
住民構成の特徴としては移民都市であることがあげられる。元来は宝安県として一集落に過ぎなかったものが、改革開放経済の過程で外部より労働人口が流入して都市が形成された地域となっている。
(Wikiより)


・・・だそうだ。



まだまだ開発・発展が続くであろうバブリーな都市。




何か、日本のそれとはまた異質な感じの都市感。

地震がないのだろう。ひょろ長い建物が多い。
そしてマンションは縦に縦に伸びている。

細長いジェンガがいくつも並んでいる、というような印象。



7300911.jpg 




こちらは香港。
こちらはマンションがギスギスとひしめき合っている感じ。

(パノラマ撮影失敗のためつなぎ目がおかしいm(_ _)m)


P2202427.jpg 




全戸とは言わないが、ほとんどに人が住んでいるものと思うと、

どんだけ人いんの(笑)という感じ。








そしてもう一つ気になったのは、様々な場面で“衛生面”




 
表通りから一本中の道に入ると
普通に道路上にゴミの山が。

ゴミだめになっている空き地などもチラホラ。



P2162363.jpg 


洋服の店が立ち並ぶ通りが・・・おしゃれ感ゼロ(笑)



こちらは市場の様子。
魚に限らず、肉、野菜、果物などで溢れかえっていました。
歩けないほど人が多い場所もあり、賑わいぶりに圧倒されました。
(春節の時期だったためかもしれないが。)

P2162358.jpg 


置き方も雑!(笑)

値札とか無いし。これが中国流か。





32.png








こういった“都市感”、“人口の多さ、人の群れ”、“不衛生”、“餌みたいに並べられた食物”
という(ボクの勝手な)イメージによって・・・


「人も虫と変わらねーな・・・」


という訳のわからん発想に辿り着いてしまいました(^_^;)







人間から見た害虫 = 地球
(あるいは人間より高次な存在)から見た人間






なのでは・・・・・・とか考えているうちに
ビジョンが浮かんできました。





こんな感じ。



don.png 




IMG_0661.jpg 



IMG_0693.jpg 




 

IMG_0696.jpg





これにグレーズをかけて完成です


 
zudon.png 




大事なものを忘れてた(笑)



IMG_0654.jpg





触角!




・・・・・・?



・・・ええ、 ゴキブリですが何か ( ^^) _旦~~










このゴキブリ人間、ちょっとシリーズ化しようかと

画策中・・・(笑)





いや~しかし今回も“全裸自撮り”キメちゃいましたぜ~(笑)

過去の川崎市へのリベンジ~愛と怒りの交錯~最終章の記事の時の制作以来です。

「僕はいったい何をしているのだ・・・」という、

羞恥心、笑い、スリルを同時に味わえる貴重な時間です。


変態の方は是非!

(・・・え?おれは変態じゃないよ!

                ちょっ・・・誰だ警察呼んだの!)




ピ~ポ~ ピ~ポ~ ピ~ポ~ ピ~ポ~ ピ~ポ~ ・・・・・・




また次回いいいいいいいいいいいいいいいいいいい・・・・・・・・・・・・・






はいさい!



先日、油彩のグリザイユ技法を学ぶ講座を受講してまいりました(*^_^*)






グリザイユとは!!!!!!!!!!



「グリザイユ」(フランス語:Grisaille)とは、黒と白のみで絵画を描く事。(grisは「灰色の意」)
単色で絵画を描く技法全体を「カマイユ」といい、グリザイユはそのなかの一つにあたる。


カマイユは褐色による単色下層描きをさす用語としても用いられる。

また黄褐色によるカマイユを「シラージュ」、
緑色系によるカマイユを「ヴェルダイユ」と呼ぶ。





油彩におけるグリザイユ技法は、まず白と黒で明暗を描きおこし、
それにグレーズ(薄い透明な絵具の層をかけて着色すること)をほどこして仕上げるというもの。




これに対して固有色で不透明に直接描いていく方法を「プリマで描く」という。






いままで僕は「プリマで描く」ことのみを十数年続けてきたわけでありました\(◎o◎)/!

yfjgykj.png 





プリマで描く場合には、明暗、形、色を同時に追いかけなくてはなりません。
しかしグリザイユ技法は明暗と形を先に捉え、色は後から付けるため、要素を分けて絵作りすることができます。


色使いを苦手とする(堂々と言うな)僕にピッタリの技法でした!!(^_^;)








33.png 







では参りましょう(^_^;)


褐色のインプリマトゥーラを施したキャンバスに

ローアンバーとシルバーホワイトのみを使用し下層描きをしていきます。




ローアンバーなのでグリザイユというよりはカマイユよりでしょうか・・・







下層描きです


IMG_0697.jpg



油彩によるデッサンという感じです。

この段階で感じたのは、油絵の具の“乾きが遅い”という特性の素晴らしさ!!


いままでこの乾きの遅さを煩わしく思っていましたが、“本質を捉える”ためにはこの乾きの遅さは非常に有効です。まるで木炭のように、何度でも乗せたり、動かしたり、描きなおしたり、ぼかしたりできるのです!!!!


当たり前のことに今更気づかされました。



乾きの速さを求めていたのは表面の完成ばかりを追いかけてしまっていたからなのですね・・・







下層描きに着彩していきます~・・・




IMG_0699.jpg 



明暗はすでに作られているので、感じた色を乗せて(グレーズして)いくだけ。




して、必要に応じて描きこみを加え、完成!!!



don.png




IMG_0702.jpg 












変わった!



自分の中では劇的変化である。






なにか今まで(現段階での)自分の絵に対して抱いていたモヤモヤというか、不満の大部分をこれで取り去ることができる気がした。



それははっきりと言葉で説明できないのだが、明暗だったり、立体感だったり、実質感だったり、ヴァルールだったり、色の調和だったり、様々な要因の欠如が原因なのだろうと思う。また表面のみを追いかけ本質を見ようとしなかった悪い癖にも起因しているのだろう。しかし、この技法ならそれを解決できるかも!と感じた。

もちろんこの技法に頼らずとも解決できるようにならなければならないのだが、今の自分には合っているような気がする。




グリザイユを追求しながら、かつグリザイユ一辺倒にならない自分の表現を探していきたい!







今日は日本橋三越にてLIONCEAUX PLUS展 vol.5~華咲け現代洋画の俊英たち~を観てきた。塩谷亮先生、中尾直貴先生、中島健太先生、福井欧夏先生、山本大貴先生といった僕の大好きな作家さんが一同に会しており、刺激をもらった。







いつかこの人たちみたいな絵を描く!






 40 







精進します。


ということでまた次回!
本日もありがとうございました(*^_^*)











こんにちは~!!!!!!!!!!!





暑い日が続いていますね!!

そんな時世間は熱中症の話題で持ちきりです!!


何か、異常ともいえるほど取り上げられていますが、

熱中症対策として清涼飲料水を摂取するのはあまりよくないですよ!!!



清涼飲料水には砂糖が大量に含まれていますね。

これが血糖値を上げていまい、血液がドロドロになるため

逆効果です!


また砂糖はマグネシウムなどのミネラルの吸収を阻害します。






最近僕は

水に“塩”と“レモン汁”と、“にがり”を入れたものを飲んでます!!





発汗によって失われた塩分とミネラル(にがりの成分:マグネシウムなど)が豊富にとれるうえに、レモンのビタミンCで吸収効率UP!!!!!!!




ポカリスエットなどを飲んでいた時期はガブガブと何リットルも飲んでいたのに、これを始めてから水分補給はより少なくても十分のどの渇きを潤せるようになりました。




メディアによる販売促進のあおりや洗脳に惑わされないようにしたいですね(*^_^*)








~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~








さて、暑くなるとやはりしたくなることは“クワガタ捕り”ですな~





今年も行ってきました♪


IMG_0681.jpg






収穫としてはちょっと物足りなかったけど、


やっぱり楽しい!!!!




童心に還りましたね~(*^_^*)





やはり絵も、子供のような気持ちで

“描きたいものを描く!!!!”




ということが重要なのでしょう。







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






ということで、


何も考えず、「熊をハイコントラストで描きたい!!」


と思い立ったので描いてみました。





今作は失敗作の上から描いたので、

下の絵のマチェールを消すためにかなりごてごてに絵具を盛っていきました




IMG_0497.jpg 






影を付けていきます



IMG_0499.jpg 





そして描きこみを加えて、


色を出して完成!!!





zudon2.png




IMG_0692.jpg








ちょっと暗すぎたかな?





でも大体狙った感じには仕上げられたかなと思います(*^_^*)


うむ。



これからは狙わずに描いていこう。



大切なのは純粋な動機!!!!







では失礼します(*^_^*)








みなさん、



久しぶりッピー♪






名称未設定 1















元気です!

ハッピーです。








~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



魂のお話。




魂は人間の言語を理解することができません。



魂が理解できるのは“感覚”です。




何かに対し、最初に“思い”が起こり、そのあとで思いは理性により言語にまとめられます。






言葉が無くても“思う”事は出来ます。


この“思い”こそが、“魂の言語”です。




“魂の言語”はすべての人が理解できます。




理性の言語を用い、存在する概念の組み合わせることではすべてを表現することはできません。



しかし幸運なことに私たちには“芸術作品”という万能の表現方法があるのです!




人が真に自分のやるべきことに携わっているとき、その人は傑作を創り出します。

このようにして芸術と名付けられるものが誕生します。




完璧な技術を用いてつまらない絵を描くことは可能です。

しかし、そういう作品を誰も芸術とは思いません。





もし作品を前にして、「これには何かある」と感じるならば、それは芸術作品と考えて良いでしょう。


そこに何があるのかは、後になって批評家が説明してくれます。


とにかくこの「何かある」という感覚は、言葉なしに誰にも理解されるものなのです。




いずれの傑作も“魂の言語”で私たちに語りかけてくるのです。

作品を制作する人のその仕事が魂から来ているのならば心に深く刻まれるモノを創り出すことでしょう。



どこにもないオリジナルを創り出せるのは魂だけです。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







って本に書いてあったよ



31.png 







さて、



ボクの作品は魂から来ている仕事なのでしょうか!?









最近描いた作品です、どうぞ!!!!!!





zudon2.png 


IMG_0664.jpg 







油彩、F6号です。








ちゃんと額装もしてみましたよ!(笑)





IMG_0666.jpg 















・・・



この絵を描きあげたときから


モデルになってくれた女の子が口を聞いてくれません\(^o^)/









いったい何がいけなかったというのか・・・・・・









いろいろな方から賛否両論ありましたが、


反応をもらえたということはなにかメッセージを与えられたことの表れなのかなと解釈(笑)






う~~~~~~~む・・・





傑作を作りたい!!!!!!!!!


魂を躍動させよッ!!!!!!!!!!!!!!









ハッピーでした(*^_^*)

いつも閲覧ありがとうございます。

また次回!









 


え?





・・・・・・ああ、更新が止まってましたね。





ごめんなさいッ!!wwwwwwww

fgbhxfjh.png 





・・・・・・はい、許してもらえたことでしょう(*^_^*)










さて、長いことブログを放ったらかしていた私ですが、

絵はしっかり描いていましたよ!!!!




そして、自分の絵が描けない理由もなんとな~く

わかりかけてまいりました(笑)







今日は久々に静物画に挑戦したので

その様子をお送りしたいと思います(*^_^*)







モチーフはこんな感じ。



IMG_0310.jpg 






そして今回の課題は

・コバルトブルー、ライトレッド、ホワイトの三色

・コバルトブルー、ライトレッド、イエローオーカー、ホワイトの四色

のみを用いてそれぞれ一点ずつ静物画を完成させること。



IMG_0407.jpg 





コバルトブルー、ライトレッド、ホワイトの三色による制作と

IMG_0312_201507021859441e9.jpg 








 完成品です。


IMG_0409のコピー










そして次にコバルトブルー、ライトレッド、イエローオーカー、ホワイトの四色による制作と



IMG_0311.jpg 








完成品です。


IMG_0408のコピー 




黄色が入ってくると一気に調和を図るのが難しくなりますね・・・




でも僕は色数を限定せずに絵を描くことが多いので

今回の課題は勉強になりました。





これからは、何でもかんでも色を使うのではなく、

調和のとれた画面を作れるように精進したいですね。











はい。









あ、あと貝を描いているときに“インパスト”の重要性を発見したハッピーでした


IMG_0406.jpg







やっぱり絵具はもったいないと思わずにたくさん使わないとだめですね!!!











ということでまた更新します!


いつも閲覧ありがとうございます(*^_^*)

また次回!







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。